cialis viagra online valium online

与党が連立になった場合のメリットとデメリットとは

Posted in 未分類 on 8月 6th, 2013 by speechwriter — コメントは受け付けていません。

政治の世界では、与党と野党という言葉があります。
基本的に政権を担っている党が与党ということになり、そうではない党は野党ということになります。
与党は、選挙でもっとも当選者を出した党とは限りません。
たとえば、ある党が200人の当選者を出して第一党になったとします。しかし、残りのすべての当選者を出した党が集まって、みんなで政権を取ろうということになると、首相を決める選挙において、第一党でも、その党は自分の党の代表者を首相に当選させることは出来ないので、野党になってしまうということです。
こうして、いろんな党が集まって、みんなで与党になるという形態を連立与党と言います。
連立政権になった場合のメリットというのは、一つの党の考え方には偏りづらいということでしょう。たとえば、連立政権にいる、もっとも議員の数が多い党はは増税を主張し、その他の党は税を上げないという主張をしていたとします。
この場合、結果的には税を上げないという方向になることが多いです。なぜかというと、他の党に連立政権から抜けられてしまうと、与党の中ではもっとも議員数が多くても、全体としては二番目なので、政権を維持出来ずに与党ではなくなってしまう可能性が出てくるからです。
連立政権のデメリットということになると、やはり、いろんな考えの党が集まっているので、国の方向性が決まりにくい、あるいは、なにかを決めるのに時間がかかることが多いということが挙げられるでしょう。
選挙を行って、単独政権か、それとも連立政権になるかというのは、基本的には有権者には決められません。党の代表者の話し合いで決まるからです。
ただ、普通は、選挙後に協力し合おうと決めている党同士というのは、選挙協力を行いますので、それでだいたい判断することが出来ます。選挙協力というのは、協力し合う党の候補者が既に決まっている場合は、自分の党の候補者を出さずに、応援に回るといったようなことになります。

cialis viagra online valium online cialis viagra online valium online